特別無料プレゼント

特別無料プレゼントは、こちらからお受取りください。

トップアフィリエイターの五十嵐友先生が主宰する無料塾のテキストです。

ブログやメルマガのフィリエイトについて、分かりやすく学習できる内容となっています。

ビジネスの効果的文章と一般的な良い文章との違いを明確に 認識すべき

Pocket
Facebook にシェア

 

昨日ご紹介したライティング教材、

詳細は読んでいただけましたか??

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

別に文章力に自信がないという方でなければ、

手にする必要はないと思いますが、

 

【しっかりと売れる文章】が書けるようになりたい方は、

 

格安で、

この業界の中でおそらく内容的に一二を争う教材なので、

勉強してみる価値は大いにあると思っています。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

実は、私は地元の山形新聞で2度入選し掲載されたこともあり、

・文章を書く

 

ということには慣れ親しんでいたつもりでした。

 

 

ところが・・・

ネットビジネスに挑戦するようになって、

最も躓いたのが

まさかの文章作成でした。

 

 

自分でまじめに一生懸命に取り組んでも

クリック一つしてもらえないこともありました。

 

 

いつのまにか文章作成に自信がなくなり、

どうしたら『結果が出る文章が書けるようになるのか』

深く悩むようになりました。

 

 

そこで、教材を購入して文章作成について

改めて勉強した結果、

はっきりと納得することが出来ました。

 

 

それは、

・一般的に良い文章

・ビジネスで結果の出せる文章

この二つは全く違うということです。

Pocket
Facebook にシェア

ライティングのポイントは、多分貴方が思っているのとは違うところにあります

Pocket
Facebook にシェア

商品やサービスを宣伝したり広告したりする文章を書く

スキルのことを

【コピーライティング】

と言うわけですが、

 

 

だからこそ

コピーライティングが上手くなればなるほど

売上も高くなります。

 

 

問題なのは、

インターネットビジネスのコピーライティングは

一般にイメージされるようなコツと

少しずれたところにポイントがあるということです。

 

 

そのため、

もし、あなたがインターネットで効果的な文章が書ける

ようになりたいなら、

一度本格的にコピーライティングを勉強してみると良いと

思います。

 

 

ちなみに、私のおススメは、

いろんなトップアフィリエイターさんも

昔から絶賛しているこの教材です。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

 

コピーライティングというスキルは、

決して難しいわけではありません。

 

 

奥は深いところがあるとは思いますが、

難解なスキルというわけではなく、

・どういうポイントを意識して考えていくのか

を知ることで飛躍的に文章が上達するようになります、

 

 

ぜひこの教材をご覧になってみてください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

「文賢」というツールで、もっと読みやすく分かりやすい文章を作る

Pocket
Facebook にシェア

「文賢」とは

「文賢」とは、あなたの文章をちゃんと読んで貰える文章にするために役立つ、推敲・校閲支援ツールです。

「文賢」をおすすめする理由

「文賢」というツールをオススメする理由は、何でしょうか?

それをこれから詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

Pocket
Facebook にシェア

文章を書いて成果を上げるために知っておくべき3つの壁と対処法

Pocket
Facebook にシェア

何らかの文章を書き、それを読んでもらって成果につなげていく流れの中で、必ず3つの壁に直面するということを知らなければなりません。

 

3つの壁とは以下のことを言います。

① 興味がない。自分と関係がない。
② 信じない。ほんまかなあ?と疑念を抱く。
③ 面倒くさい。申し込みをするという行動を起こさない。

 

興味ない」の壁をクリアする2つの方法
メリットを提示する。 読み続けると得をするということを相手に知らせるということである。
デメリットを提示する。 ①とは反対に読み続けないと大変な損をするというようなことを相手に伝えるということである。

 

伝わる文章を書くためのポイント
「誰」に「何」を伝えるかを明確にすることが重要である。

100人に伝わる文章を1ページ書くのではなく
1人に伝わる文章を100ページ書くというイメージが大切なのです。

相手を1人具体的なイメージを浮かべて、その人に語りかけていくように書いていくのです。

 

 読み手の共感を得るための手法
あなたは……を思っていませんか?
(あなたは……で悩んでいませんか?)
実は、私も以前はそうでした。
このような書き方は、相手の共感を得るのに有効である。

 

信じない」の壁をどう突破するか
読んでる人でも、ほんとかよ?とか、何で?何で?と思いながら読み進めている。

その時は文章を推敲して根拠を示してあげるようにすることが大切である。

 

 欲しい!必要だ!と思ってもらえる文章の書き方
例えばその商品を手に入れると、どんな利益がもたらせるか、どんな明るい未来が得られるかを説明し、さらにそれらの利益や明るい未来は何故得られるのか、その根拠を説明してあげることが大切であります。

 

 優秀な営業マンは売らない(押し売りの文章にならないためには)
商品やサービスの良さを伝えるということは当然必要なことであるが、これに力を入れ過ぎると「押し売り」になるきらいがある。

優秀な営業マンは売り込まない。お客さんは、最後には自分で決めたいと思っている事を知っているからである。

また、消費やサービスの選び方を教えてあげるということも忘れるべきではない。似たような商品やサービスがあふれかえっているからである。
商品比較サイト情報サイトも重視していく必要があります。

 

ブログとメルマガ連動の王道アフリエイトで稼ぎたい方は、無料登録してください。

Pocket
Facebook にシェア

▲トップへ戻る