特別無料プレゼント

特別無料プレゼントは、こちらからお受取りください。

トップアフィリエイターの五十嵐友先生が主宰する無料塾のテキストです。

ブログやメルマガのフィリエイトについて、分かりやすく学習できる内容となっています。

ネットビジネスの成功に欠かせないコピーライティングの基礎

Pocket

はじめに

この記事は、あなたを文章作成の苦手意識から開放し、スキルアップしてもらうために、

ネットビジネスに欠かせないコピーライティングの基礎中の基礎から

収益化用ライティングのためのPASONAの法則

集客用ライティングのためのPREP法というものを解説していきます。

続きを読む »

Pocket

1時間座ると寿命が22分縮む?その対策は?

Pocket

2016年12月1日公開の
「1時間座ると寿命が22分縮む?」というタイトルの記事で、

1時間座り続けると22分寿命が縮むという恐ろしい研究結果があるので、
座っている時間が長くならないよう、ぜひ30分に1回立ち上がることをお勧めしますということをお伝えしました。

ところで考えてみると、サラリーマンなどがデスクワークしている場合、30分に1回立ち上がるということは現実的ではなく実行が難しい話だったと思います。

1時間座り続けると22分寿命が縮む?

その難題を見事に解決してくれる話がありました。その方法は、座りながら前方に垂直に足を伸ばしたり、貧乏ゆすりをしたりすることだと紹介されていました。

去る8月23日(水)のテレビ番組羽鳥モーニングショーでの話です。

お医者さんも出ていたのですが、よく覚えておらず申し訳ありません。それでも、ネットビジネスの実践者にも参考になれば幸いでございます。

Pocket

文章を書いて成果を上げるために知っておくべき3つの壁と対処法

Pocket

何らかの文章を書き、それを読んでもらって成果につなげていく流れの中で、必ず3つの壁に直面するということを知らなければなりません。
3つの壁とは以下のことを言います。

① 興味がない。自分と関係がない。
② 信じない。ほんまかなあ?と疑念を抱く。
③ 面倒くさい。申し込みをするという行動を起こさない。

興味ない」の壁をクリアする2つの方法
メリットを提示する。 読み続けると得をするということを相手に知らせるということである。
デメリットを提示する。 ①とは反対に読み続けないと大変な損をするというようなことを相手に伝えるということである。

伝わる文章を書くためのポイント
「誰」に「何」を伝えるかを明確にすることが重要である。
100人に伝わる文章を1ページ書くのではなく
1人に伝わる文章を100ページ書くというイメージが大切なのです。相手を1人具体的なイメージを浮かべて、その人に語りかけていくように書いていくのです。

 読み手の共感を得るための手法
あなたは……を思っていませんか?
(あなたは……で悩んでいませんか?)
実は、私も以前はそうでした。
このような書き方は、相手の共感を得るのに有効である。

信じない」の壁をどう突破するか
読んでる人でも、ほんとかよ?とか、何で?何で?と思いながら読み住めている。
その時は文章を推敲して根拠を示してあげるようにすることが大切である。

 欲しい!必要だ!と思ってもらえる文章の書き方
例えばその商品を手に入れると、どんな利益がもたらせるか、どんな明るい未来が得られるかを説明し、さらにそれらの利益や明るい未来は何故得られるのか、その根拠を説明してあげることが大切であります。

 優秀な営業マンは売らない(押し売りの文章にならないためには)
商品やサービスの良さを伝えるということは当然必要なことであるが、これに力を入れ過ぎると「押し売り」になるきらいがある。優秀な営業マンは売り込まない。お客さんは、最後には自分で決めたいと思っている事を知っているからである。

また、消費やサービスの選び方を教えてあげるということも忘れるべきではない。似たような商品やサービスがあふれかえっているからである。商品比較サイト情報サイトも重視していく必要があります。

ブログとメルマガ連動の王道アフリエイトで稼ぎたい方は、無料登録してください。

Pocket

▲トップへ戻る