無料プレゼントはこちらから

貴重です。どうぞ、お見逃しなく!!

2_2

文章を書いて成果を上げるために...

 

何らかの文章を書き、それを読んでもらって成果につなげていく流れの中で、必ず3つの壁に直面するということを知らなければなりません。
3つの壁とは以下のことを言います。

① 興味がない。自分と関係がない。
② 信じない。ほんまかなあ?と疑念を抱く。
③ 面倒くさい。申し込みをするという行動を起こさない。

「興味ない」の壁をクリアする2つの方法
メリットを提示する。 読み続けると得をするということを相手に知らせるということである。
デメリットを提示する。 ①とは反対に読み続けないと大変な損をするというようなことを相手に伝えるということである。

伝わる文章を書くためのポイント
「誰」に「何」を伝えるかを明確にすることが重要である。
100人に伝わる文章を1ページ書くのではなく
1人に伝わる文章を100ページ書くというイメージが大切なのです。相手を1人具体的なイメージを浮かべて、その人に語りかけていくように書いていくのです。

読み手の共感を得るための手法
あなたは……を思っていませんか?
(あなたは……で悩んでいませんか?)
実は、私も以前はそうでした。
このような書き方は、相手の共感を得るのに有効である。

「信じない」の壁をどう突破するか
読んでる人でも、ほんとかよ?とか、何で?何で?と思いながら読み住めている。
その時は文章を推敲して根拠を示してあげるようにすることが大切である。

欲しい!必要だ!と思ってもらえる文章の書き方
例えばその商品を手に入れると、どんな利益がもたらせるか、どんな明るい未来が得られるかを説明し、さらにそれらの利益や明るい未来は何故得られるのか、その根拠を説明してあげることが大切であります。

優秀な営業マンは売らない(押し売りの文章にならないためには)
商品やサービスの良さを伝えるということは当然必要なことであるが、これに力を入れ過ぎると「押し売り」になるきらいがある。優秀な営業マンは売り込まない。お客さんは、最後には自分で決めたいと思っている事を知っているからである。

また、消費やサービスの選び方を教えてあげるということも忘れるべきではない。似たような商品やサービスがあふれかえっているからである。商品比較サイト情報サイトも重視していく必要があります。


人気ブログランキング

「アメーバブログ バナー」の画像検索結果

「フェイスブック」の画像検索結果



「twitter アイコン」の画像検索結果

▲トップへ戻る