年賀状の作成で苦労の末パーキンソンの第1法則を思い出す

Pocket
Facebook にシェア

早くからやっておけばよかったのにと、

今年も年賀状の作成で苦労した。

 

その原因は、パソコンをDynabookからDellに新調した

ことにある。

 

店でDellを買ったときデータの移行を店に任せるか

と訊かれたときに、自分でやると答えその通り実行した。

 

しかし、「宛名職人」だけは、まだまだ先のことだからと、

タカをくくり未処理状態になっていたのだ。

 

年内に到着できるようにと、年賀状の作成に

重い腰を上げたのが12月27日である。

 

新調したパソコンで「宛名職人」を使えるようにするには

ライセンスキーが欠かせないが

それを記録していなかったので、それを把握・確認するのに

思わぬ時間をかけてしまった。

 

電話サポートを受け付けておらず、

ネットで調べざるを得なかったからである。

 

 

更に、裏面に印刷されている年賀はがきを購入していたのだが、

差出人欄を印刷するのに十分すぎる余白があったので、

その部分だけ「宛名職人」を使って印刷しようとしても

無理があった。

 

 

あきらめて

Wordで作った差出人欄を年賀はがきの裏面に印刷せざるを得なかった。

 

 

そんなこんなで、年賀状を投函したのが29日早朝ということになった。

 

夏休みの宿題と同じだな、とパーキンソンの第1法則を思い出した。

1法則

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

 

こちらは、昨年の年賀状作成の苦労話です。

Pocket
Facebook にシェア

安定して稼ぐための5段階ステップと、 その工程で必要なスキル

Pocket
Facebook にシェア

【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

こんにちは、

当メールマガジン発行責任者の渋谷です。

 

 

貴方は今、ビジネスのためにインターネット上で、

実際に何か文章を書いていますか??

 

 

・ブログ記事

・メルマガ記事

・ステップメール

・お客様とのやり取り

・セールスレター

・オプトインページ、ランディングページ(LP)

 

 

何でもいいのですが、

まだ何も文章を書いたことがない段階の人は、

 

実際にどのスタイルでも構わないので、

毎日インターネット上に最低1つ自分で書いた文章を公開する習慣

を身に付けていきましょう。

 

インターネットで稼げている人は

毎日何らかの形でお客様に文章をお届けしています。

 

 

すでに毎日文章を公開する習慣がついている人は

お客様の【反応率】について考えなければなりません。

 

 

反応率というのは、

最初の段階としては次のようなことを指しています。

 

・お客様からコメントが来る

・お客様からメッセージが来る

・お問い合わせが来る

・クリックされる

・購入される

 

 

真剣に取り組んだ文章だとしても

上に書いたような反応がなければ

 

ビジネスの上では全く意味のない文章と言わざるを得ません。

 

 

文章の効果というのは

これくらいシビアに考えてちょうどいいくらいです。

 

 

なぜかというと、

 

・売り上げを出したい

・クリックして欲しい

・誘導したい

・アピールしたい

・読んでもらいたい

 

と思うから書いているわけで、

それが現実は真逆の状態になっているのであれば

そこを克服していかないと

 

ビジネスとして立ち行かないからです。

 

 

そこで必要になってくるのがコピーライティングの

知識です。

 

【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

ビジネスが安定するためには、

 

  1. 集客
  2. サービス
  3. 販売
  4. フォロー
  5. リセールまたはリピーターへの誘導

 

が出来ていなければなりません。

 

 

コピーライティングは上の

1から5、つまり全てを行う上で

効果的な文章が必要です。

 

 

ビジネスの全ての5段階ステップにおいて、

お客様へ効果的にアプローチできるようになるために、

 

コピーライティングはしっかりと学んでおく必要があるのです。

 

⇒ 【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

客数が同じでも、売上が10倍以上差がつくことがあります。

Pocket
Facebook にシェア

【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

 

こんにちは、

当メールマガジン発行責任者の渋谷です。

 

 

売れる文章を書けるようになるには

いくつかのコツがあります。

 

 

具体的に分かりやすく言うと、

【売れない理由】には、

 

大きく分けて2つのパターンがあります。

 

それは、

 

・言葉の強調の仕方が弱い

・構成が悪い

 

この2点です。

 

売れる文章というのは【強烈】で

インパクトが残ります。

 

 

細かいところでは、キーワードとなる部分を目立たせるテクニックを

全体的には、要点のインパクトが残る構成的テクニックを

駆使しています。

 

 

売れる人の文章は、売れない人の文章よりも

売上が2倍、3倍

極端な場合は10倍くらい違うときもあります。

 

 

『ビジネスをする』といった以上は、

 

【売上】を出せなければ全く意味がありません。

 

 

売上を出すには、

 

・集客の仕方

・集客した数

・商品作成または広告選定

・ブランディング

 

等も重要です。

 

 

しかし、これらをクリアしても

売れる文章が書けなければ

目的を果たすことができません。

 

 

インターネットにおいては文章だけが

お客様とコミュニケーションがとれる唯一無二の方法です。

 

 

その文章を磨かなければ

ビジネスで成功することはあり得ません。

 

 

売上を確実に出せる【売れるコピーライティング】を

しっかりと学んでくださいね。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

ビジネスの効果的文章と一般的な良い文章との違いを明確に 認識すべき

Pocket
Facebook にシェア

 

昨日ご紹介したライティング教材、

詳細は読んでいただけましたか??

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

別に文章力に自信がないという方でなければ、

手にする必要はないと思いますが、

 

【しっかりと売れる文章】が書けるようになりたい方は、

 

格安で、

この業界の中でおそらく内容的に一二を争う教材なので、

勉強してみる価値は大いにあると思っています。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

実は、私は地元の山形新聞で2度入選し掲載されたこともあり、

・文章を書く

 

ということには慣れ親しんでいたつもりでした。

 

 

ところが・・・

ネットビジネスに挑戦するようになって、

最も躓いたのが

まさかの文章作成でした。

 

 

自分でまじめに一生懸命に取り組んでも

クリック一つしてもらえないこともありました。

 

 

いつのまにか文章作成に自信がなくなり、

どうしたら『結果が出る文章が書けるようになるのか』

深く悩むようになりました。

 

 

そこで、教材を購入して文章作成について

改めて勉強した結果、

はっきりと納得することが出来ました。

 

 

それは、

・一般的に良い文章

・ビジネスで結果の出せる文章

この二つは全く違うということです。

Pocket
Facebook にシェア

ライティングのポイントは、多分貴方が思っているのとは違うところにあります

Pocket
Facebook にシェア

商品やサービスを宣伝したり広告したりする文章を書く

スキルのことを

【コピーライティング】

と言うわけですが、

 

 

だからこそ

コピーライティングが上手くなればなるほど

売上も高くなります。

 

 

問題なのは、

インターネットビジネスのコピーライティングは

一般にイメージされるようなコツと

少しずれたところにポイントがあるということです。

 

 

そのため、

もし、あなたがインターネットで効果的な文章が書ける

ようになりたいなら、

一度本格的にコピーライティングを勉強してみると良いと

思います。

 

 

ちなみに、私のおススメは、

いろんなトップアフィリエイターさんも

昔から絶賛しているこの教材です。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

 

コピーライティングというスキルは、

決して難しいわけではありません。

 

 

奥は深いところがあるとは思いますが、

難解なスキルというわけではなく、

・どういうポイントを意識して考えていくのか

を知ることで飛躍的に文章が上達するようになります、

 

 

ぜひこの教材をご覧になってみてください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

ブログの文章構成はPREPがおススメ

Pocket
Facebook にシェア

今回はブログに限定した文章構成について掘り下げてみたいと思います。

 

 

ブログに訪問した人でも、記事を読まずに去っていく場合が多いです。なぜなら、そのブログ記事は読ませるための文章構成になっていないからです。

 

すでにファンとなっている読者であれば別ですが、大抵のブログ訪問者は、読む気満々で、そのブログを目指して訪問している訳ではないということです。

 

ブログの場合、基本的には冒頭で、ブログを訪問した目的を解決できる文章であることを期待させる必要があります。

 

ブログでのライティングは、メルマガと違い、ただ単に、 記事内容を良くするだけではなく、読み進めてもらうための工夫が必要なのです。 そのための重要な要素が、ブログ記事に最適化された文章構成なのです。

 

 

昔から文章構成といえば、「起承転結」 を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。 この流れで書けば、 上手な文章になると思うかもしれませんが、上手な文章と、ブログで読まれる文章は違うのです。

 

 

ブログで読ませる文章は、 小説家のよう文章ではなく、自分の欲求や悩みを解決してくれる文章でなければならないのです。

 

 

ブログで重要なのは、記事の入り口の段階でその文章が「自分の欲求や悩みを解決してくれる文章であること」を先にわからせることなのです

 

 

日本では昔から、 いきなり結論を述べることは、相手に対して失礼なことであり、背景を説明し、その結論に至った理由を先に述べることが、 相手に対する礼儀であるとされてきました。

 

しかし、アメリカでは、結論を先に述べ、 その理由を語るのが当たり前とされています。

 

 

検索エンジンや SNS からの新規流入が毎日あって当たり前のブログの世界では、毎日新規の訪問者が多いのが一般的です。 新規訪問者は、あなたのブログに 立ち止まる理由がありません。

 

そのため、新規訪問者には、そのブログが訪問した目的に合致するブログであることをいち早く気づいてもらう必要があるのです。

 

 

この視点に立って、文章構成を考える必要があるのです。

では、実際にどのように書けばいいのか?

 

 

それは、「PREP(プレップ)法」に沿って文章を書くことです。 「PREP」とは、 ■POINT: 導入結論 ■REASON: 理由 ■EXAMPLE: 具体例 ■POINT: 最終結論 の頭文字をとったものです。

⇒ https://nashito.com/writing-1433.html

 

 

 

Pocket
Facebook にシェア

▲トップへ戻る