特別無料プレゼント

特別無料プレゼントは、こちらからお受取りください。

トップアフィリエイターの五十嵐友先生が主宰する無料塾のテキストです。

ブログやメルマガのフィリエイトについて、分かりやすく学習できる内容となっています。

アフィリエイトブログ記事の書き方8つのポイント

Pocket

飛躍

アフィリエイトブログ記事の書き方8つのポイント

アフィリエイトブログの記事の書き方について8つのポイントを話していきたいと思います。

まず、記事を書くためには、事前の準備に力を入れる必要があります。事前の準備をしないまま書こうとしても、書き出すまでに無駄な時間がかかってしまうし、いざ書き出し始めたとしてもスムーズに進まないということになりかねませんので、しっかりと事前の準備をしましょう。

<事前準備ー書き出す前に>

1 記事の目的とテーマについて

アフィリエイトで稼ぐために立ち上げるブログの役割は何でしょうか?

 1つは、売りたい商品に関連した読者に有益な情報を発信する記事を書き、ブログにアクセスを集めメールアドレスを登録して頂くことです(集客)

 もう1つは、そればかりでなく、ブログを訪問した読者にそのブログの中で、商品を紹介し購入を促すということです。そのため、レビュー記事やセールスレターも書きアフィリエイトをするということになります。

③ そればかりでなく、ブログで集めたメールアドレス宛にメルマガを発行しアフィリエイトするという手法があるわけです。いわゆるブログ・メルマガ連動アフィリエイトというものです。

これから書く、記事の目的をはっきり決めたら、その目的にふさわしいテーマは何であるかということを考えてテーマを決めます。

2 キーワードの設定について

テーマを決めたらキーワードを選びましょう。初心者のうちは、3語もしく4語のスモールキーワードを使うことにしましょう。

キーワードについては奥深い問題がありますが、少なくともあなたがターゲットとする見込み客がその記事と出会うためには何という言葉で検索するのだろうかという意識は持っている必要があります。

3 ブログ記事の構成について

テーマとキーワードが決まればどういう話で何を訴えるのかという話の流れを考えていくことになります。その流れに沿う形でアフィリエイトブログの記事の大まかな構成を決めていきます。

そして、検索エンジンにキーワードを入れたときに、自分が書いた記事が上位表示されるようにするSEO(検索エンジン最適化)に強い記事を書くように知恵を絞りましょう。

4 リサーチについて

これから書こうとしている記事のライバルサイトについて、上位10個の内容を徹底的にリサーチします。そのうえで、ライバルサイトを超える良質の記事となるように、これから書く内容を決めていきます。

<書き始めてから>

5 見出しを入れる

話しの流れに沿って見出しを作り、一つの見出しについて500文字から600文字程度の文章を書くというイメージで進めていきます。

見出しの冒頭部分にキーワードを入れるように心がけます。

見出しをつけることによって、文章が分かりやすくなり、最後まで読んでいただけるようになります。

6  ブログ記事作成上の留意点

キーワードを意識しながらわかりやすい言葉遣いで文節をできるだけ短く一段落4行程度で収めるという原則で書いていきます。

7 ブログ記事のタイトルを作る

キーワードと見出しの流れからタイトルを考えることになります。

タイトルにはできるだけ冒頭の部分に必ずキーワードを入れます。

キーワードを意識しすぎて意味のわからないタイトルにならないように気をつけましょう。

8 文字の装飾と画像の挿入

文字の装飾はうるさくならないようにする。アイキャッチ画像以外にも本文に画像を挿入する 。

ブログとメルマガが連動した王道のアフィリエイト方法について、基礎から学びたい方は無料登録してください。

↓ ↓ ↓

アフィリエイトを始めたいあなたへ

Pocket

ネット検索で欲しい情報を効率的に入手する方法

Pocket

上手なネット検索・検索窓の使い方

大手検索エンジングーグルヤフーがありますが、
どちらも同一の検索システムを使用しているので、
検索窓の使い方・コツは実質的に同じと考えてください。

人に聞く前に自分で調べるようにと、
あなたも言われたことがあると思いますが、
自分で調べたほうが自分の身につきやすいと言えます。

そして、ネットの検索技術・検索窓の使い方に習熟すれば、必要な情報は殆ど入手できないものはない筈なので、
先ずはネットで調べてみるという習慣を身につけたいものです。

それでは、検索の方法・検索窓の使い方について、これから説明していきたいと思います。


♥複合語検索


これは、2語以上のキーワードで検索するという方法です。
例えば、言葉の意味を知りたいときは、「○○とは」と入力するとか、「○○意味」と入力すれば、簡単に調べることができます。


文中に意味が分からない言葉がでてきた場合の調べ方


意味がわからない言葉を選択して、右クリックします。

例えば、次の文中に洞窟という言葉がありますが、この言葉を選択(範囲指定)して右クリックすると、「Bingで検索」と表示されるのでここをクリックすると、この言葉の意味を調べることができます。

東京が日常の世界だとすると、雪国はいわば異世界であるわけです。
ファンタジーの小説や映画には、日常の世界から、
洞窟やクローゼットなどトンネル状のものをくぐって、
異世界へと入ってゆく行為がしばしば描かれますが、
雪国の冒頭にも私は同じものを感じます(と考えると、たんなる「トンネル」であるより「長いトンネル」である方が、効果が高くなることにも気づきます)。


ソーシャルメディアを検索する


ソーシャルメディアを検索する方法として、
Twitter、フエースブック、Instagramなど検索する文字列の前に@を付けてクリックすると自分のサイトに辿り着くことが出来ます。

ヤフーでもグーグルでも検索結果は同じです。

以上でお分かりのように、自分のSNSに簡単にアクセスできるほか、
新しく始めようとする方にとって有益な情報を取得できるので、
この方法を活用してはと思います。

なお、グーグルの検索窓には、
右隅にマイクのイラストが表示されているので、ここをクリックして
音声による検索もできるので試してみてはとも思います。


♥ハッシュタグを検索する方法

「ハッシュタグ」というのは、ハッシュマーク(半角のシャープ#)が付いたキーワードのことですが、SNSで同じハッシュタグが付けられた投稿は、
ハッシュタグを検索するとまとめてみることができるというメリットがあります。

ハッシュタグを検索する方法は、単語の前に#を付けてクリックするということです。
例えば、#アフィリエイトで検索すると、アフィリエイトに関する記事が出てきます。


♥完全一致を検索する


単語や語句を引用符で囲んで検索する方法です。例:“日本一高い山”と入力してクリックするとそれは富士山であることが分かります。


♥数値の範囲内で検索する


2つの数値の間に‥を置いてクリックします。例:カメラ5万円‥10万円と入力してクリックするとこの価格帯で買えるカメラの紹介記事が出てきます。


♥検索を結合する


各検索クエリの間に「OR」を置いて入力してクリックします。例:マラソンORレース
と入力してクリックするとマラソンとレースに関する記事が同一画面に出てきます。


♥特定の場所の天気を検索する


例:天気 山形のように天気に特定の都市名を入力してクリックすると、特定の場所の天気を検索することができます。


♥計算する


例:45*3 45÷3 45-3 45+3のように数式を入れてクリックすると答えが出てきます。


♥単位の変換をする


例:「3ドルを円で」と入力しクリックすると、その時のレートで円が表示されます。


♥西暦と和暦の変換


例えば、平成25年と検索窓に入力しエンターキーを押すと2013年と表示されます。
反対に2013年と入力しエンターキーを押すと平成25年と表示されます。


♥英語のスペルを調べる


例えば、家屋という日本語は英語ではなんと言うかスペルはどうなのかと調べたいというときは、検索窓に「家屋英語」と入力しエンターキーを押すとHouseと表示されます。


♥素早くサイトを閲覧する


検索窓に欲しい情報のキーワードを入れて一覧表示されたサイトを素早く閲覧するには、
1. 一覧表示されたサイトのタイトルにカーソルを合わせ、controlキーを押しながらタイトルをクリック
2. 「新しいタブで開く」をクリックしサイトごとのタブを増やしていく
このようにすると見たいページが格段に見やすくなります。

サイトアクセスの有無を検索する方法について

sesaaブログなどの無料ブログワードプレスに記事を投稿し、
そのサイトにどのくらいアクセスがあったかを調べるのに、通常は
そのブログについている独自のアクセス解析ツールがあります。

しかし、そのツールで相当数のアクセスがあるという結果が出ていても、
アクセス元を調べると、お気に入りやURL入力からのアクセスが
圧倒的に多く、検索エンジンからのアクセスが殆どないという結果に遭遇し、
これはどうも正確な解析結果とは思えないと、
疑問を感じた方が意外と多いのではないかと思います。

そこで、グーグルアナリテックスやi2iアクセス解析を導入する方が
多いと思いますし、私もそれをお勧めしますが、

その前に、簡単な方法ですのでぜひ試してもらいたいことがあります。

それは、自分のサイトがGoogleにインデックスされているかを確認する方法です。

その方法というのは、グーグルの検索窓に
Site:自分のサイトのURLと入力しクリックするだけでいいのです。

検索結果に何も現れない場合は、インデックスされていないことを意味します。
その原因としては、次の3つが考えられます。

① まだ、検索エンジンのロボットがあなたのサイトに巡回していない。
これが一番多い原因です。
② 自分のサイトにno indexタグが含まれている。
自分のサイトのHTML内のhead要素に、
>という
箇所がないかを確認し、有った場合は解除すれば解決します。

③ ドメインがペナルティを受けている。
過去にペナルティを受けた中古ドメインを使ったときに起こりがちな
ことです。

YouTube検索による学習法ついて

ユーチューブは、2005年2月に誕生した動画配信サイトで、世界最大規模であると言われていますが、
2006年にグーグルに買収され今日に至っております。

ユーチューブには、音楽あり、ドラマやアニメあり、動画ありと様々な情報がありますが、ここでは、動画について述べることにします。

何かを学習する手段としては、本を読む、人に聞く、音声で学ぶとかいろいろありますが、

特にパソコン操作などについては文章を読んでもピンとこない場合が多いのではないかと思います。

そういう時に、具体的に動画で操作の仕方を見せてもらうと理解が格段に速く、
しかも正確に学ぶことができます。

パソコン操作ばかりではありません。
それ以外のネットビジネスのノウハウ等についても、
学校で学ぶような感覚で学習することができるので、理解が速く深まります。

なので、動画の活用をお勧めします。

先ず、グーグル検索窓を開きます。

上のページの左上にあるグーグルアプリをクイックすると、以下の画面に変わります。

次いで、上の画面のYouTubeをクリックすると以下の画面に変わります。

ここで、虫眼鏡イラストをクリックするとユーチューブの検索窓が出てきますので、ここにキーワードを入力・クリックして動画を見ることになります。

画像の検索について

ブログやサイトの記事画像が一つもないと魅力が半減すると、
言っても過言ではない。

しかし、画像を調達し、記事を飾るにはそれなりの努力が必要です。
自分が撮った写真を使うこともできる場合がありますが、
それだけでいいというわけにはまいりません。

どうしても、自分が撮った写真以外の素材を使う必要に迫られますが、
ここで注意する必要があります。
それは、著作権の問題です。

著作権法に違反すれば、民事上の責任と刑事上の責任が発生します。
グーグルアドセンスアフィリエイトで、
違反を発見されると続けていけなくなるので要注意です。

なので、ネット検索で、フリーソフト素材イラストフリー素材写真、フリー素材背景などと入力・検索すると
著作権法上問題のないフリー素材を探すことができます。

ネットサーフィンやノウハウコレクターにならないように

人は、多かれ少なかれ飽きやすいという弱点を持っています。
何か夢中になれる趣味でもあれば、
なかなか飽きるということはないと思いますが、
そうでない分野では飽きてしまうという経験をしたことが何度かあるというのが
普通ではないかと思います。

何かを成就しようとするのであれば、そのことにコツコツと専念し努力を続けることが大切です。
このことを、昔から「一念岩をも通す」「雨垂れ石を穿つ」「石の上にも3年」というようなことわざが
教えてくれています。

飽きる原因の一つとして、移り気というものを上げることができます。
人は、とかく自分のものより他人のものが良いと思ったりしがちです。

アフィリエイトの世界でも、今よりもっといいノウハウやツールがあるのではないかと、
ネットサーフィンに多くの時間を割いてしまうということに陥りがちです。

学生時代を振り返ってみると、同じ教科書や参考書を何度も何度も繰り返し読んでいる人はほとんどお目にかかれませんでしたが、めきめきと頭角を現したかと思うと、
常に上位の成績をキープした学生の教科書を見て納得したことがありました。

その学生の教科書がボロボロになっていて、何回も繰り返し読んだことが一目瞭然だったからです。

勉強の世界ばかりでなく、スポーツの世界も芸術の世界も
一点集中の継続的な努力を続けた者が成功を収めている場合が多いというのが殆どの人の共通認識ではないかと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、要は、ネット検索で陥りがちなネットサーフィンやノウハウコレクターにならないよう気を付けながら、重要な情報、価値の高い情報に接した場合は、

その情報を繰り返し繰り返し読むなり聞くなりして我が物にすることが大切であると伝えたかったということです。

インターネットの世界は無限に広がる情報の宝庫である

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という言葉を、インターネットの検索窓に入力すると色々と記事の見出しが出てきましたが、そのうちの冒頭に出てきた「ことわざ辞典」という見出しを、クリックしたら、次のような解説が出てきました。

「知らないことを人に聞くのは、そのときは恥ずかしいと思っても、聞かなければ一生知らぬまま過ごすことになるので、そのほうが恥ずかしい。
知らないことを恥ずかしがったり知ったかぶりになったりせずに、素直に聞いて学ぶべきだという教え。」

そのとき検索窓には、先ほど入力した言葉は消えて代わりに、次のような文字列がでていました。これを、URLと言います。これは、Uniform Resource Locatorの略で、この文字列をコピーして検索窓に貼り付けてエンターキーを押すか、CTRLキーを押しながらこの文字列の上にマウスを当ててクリックすると同じ記事が再現できます。
http://kotowaza-allguide.com/ki/kikanuwaissyounohaji.html

このように、知りたいと思うことは、他人に聞く一時の恥も経験することもなく、自分で調べることができるので、大変便利な時代になったと言えるわけです。

更に、瞬時にして調べ終えることができるという便利さがあるのです。
昔は、辞典その他の書籍でないと自分では調べられないので、図書館に行くか書籍を購入する必要があったのですが、そういう煩わしいことはしなくてもよくなったのです。

肝心の書籍に目指す内容がなかったりもすることが十分ありましたが、今はそういう心配はなくなりました。

今は、ノートパソコンがあって、インターネット接続環境さへあれば、
いつでもどこでも必要な情報を手に入れることができるのです。
まさに、インターネットの世界は「情報の宝庫」なのです。

しかし、検索技術のレベルが低いと、スピーディに必要な情報に辿り着くことができません。
あるいは、ついに辿り着けなかったということにもなりかねませんので、検索技術を磨く努力は意識するようにしましょうね。

ネット検索では、情報の真偽・価値を慎重に判断する

前回私は、インターネットの世界は、無限に広がる情報の宝庫であると言いました。

しかし、

その情報には、真実のものもあれば真実でないものもあるし、
価値のあるものもあれば価値のないものもあるということで、さまざまです。

なので、すべての情報を鵜呑みにすることはできません。慎重で賢明な取捨選択が必要です。

ネット検索で適正的確な情報をゲットするには、
情報の発信者は誰か、どういう機関や組織なのかをハッキリさせて判断することが大切です。

インターネットを介すると正しいものと信じてしまいがちなので、常に注意を忘れないようにしましょう。キーワードで検索するといくつもの記事が列挙されますので、内容を比較してみることが大切です。

私たちも、初心者の段階から、ブログを作って投稿したり、メールを発信したりするということを考えただけでも、
情報の価値、情報の信頼性などについては、十分に吟味する必要があるということが分かるのではないかと思います。

ブログとメルマガが連動した王道のアフィリエイト方法について、基礎から学びたい方は無料登録してください。

↓ ↓ ↓

アフィリエイトを始めたいあなたへ

Pocket

「文賢」というツールで、もっと読みやすく分かりやすい文章を作る

Pocket

「文賢」とは

「文賢」とは、あなたの文章をちゃんと読んで貰える文章にするために役立つ、推敲・校閲支援ツールです。

 

 

 

「文賢」をおすすめする理由

「文賢」というツールをオススメする理由は、何でしょうか?

それをこれから詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

Pocket

「お客が取れない」を完全克服!

Pocket

「お客が取れない」を完全克服!

 

あなたは「お客が取れない」
というような悩みを抱えて
いませんか?

このように言うと、

「そうなんです、それ私です」

と声高らかにあなたは答えるかも
しれません。

が、

これは独立起業したばかりの人が
陥る罠の1つでもあり

ビジネスを行っているすべての人が
同じような悩みを抱えています。

ではなぜ、誰もが同じ悩みを抱え
それから抜け出すことが
できずにいるのか?

それは、能力のためでも才能のためでもなく

今からお伝えする「3つの罠」
あなたの障害になっているからなのです。

その3つの罠とは

1.お金が受け取れない深層心理
2.人脈が成功を遠ざける価値基準の誤解
3.スキルが手招きする蟻地獄

1つずつ解説します。

===================
1.お金が受け取れない深層心理
===================
お金を受け取ることに抵抗を感じてしまう
人の大半は、お金に対し間違った固定概念を
持ってしまっています。

これはある意味、親やメディアに植え付け
られた悪い洗脳でもあるわけですが

この誤解を解かない限りお金を受け取る
ことができません。

===================
2.人脈が成功を遠ざける価値基準の誤解
===================
起業すると二言目には「人脈」という人が
いますが、人脈はビジネスを拡大させる
どころか可能性を狭める足かせでしか
ありません。

この本当の意味を理解し間違った誤解を解く
ことができれば、新規客を殺到させ
お客から選ばれる唯一無二の立場を
独占することできるようになります。

===================
3.スキルが手招きする蟻地獄
===================
スキルをつければお客は取れると間違った
神話が広がっていますが、スキルと集客は
イコールで結ばれることはありません。

これは多くの人が誤解し、深い洗脳の結果の
1つでもあるわけですが、

この真相に気づくことができれば、
今後一生、この悩みから解放されるようになります。

===================

このように、お客が取れないと嘆く人には
共通点があり、統一した原因が存在します。

が、

「その解決策が分かれば苦労しないよ」

という人も多いと思いますので、

今回は、そんな迷える子羊たちを救うべく
無料でWEBセミナーを開催します。

これは期間限定での公開となりますので
下記URLに今すぐアクセスし参加表明を
行ってください。

これで、あなたが長年頭を抱えていた
「お客が取れない」を完全克服する
ことができるようになります。

「お客が取れない」を完全克服する:
http://directlink.jp/tracking/af/1452942/2FtAfYe3-3ZNyFhbM/

 

Pocket

ライティングに勝るとも劣らずに大切なのはデザインです!!

Pocket

常峰寛さんというアフィリエイターさんが、

アフィリエイター向けの無料の素材集サイト
「アフィピク」を始められました。

常峰さんは、
2011年から始めた
サイトアフィリエイトを実践していくなかで、

“ デザインの重要性 ”

を非常に感じていたとおっしゃっています。

 

なぜかというと常峰さん自身のサイトのデザインにこだわることで、
反応がまるで変わったからだそうです。

 

事実:写真やイラストの文字は本文よりも200%読まれる
事実:60%の人はアフィリエイトサイトのイラストや写真しか見ない
事実:アフィリエイトサイトに写真やイラストを入れると13%読まれる
事実:カラフルなイラストを使うことで素材写真を使うより最大45%効果的

 

度重なる検証の結果、
このようなことが分かったそうです。

常峰さんは、おそらく、
このようなことは99%のアフィリエイターは
知らないだろうとも言っておられます。

そもそも、女性は文章をほとんど読まないということも分かったとも言っておられます。

 

インターネット通販の購買意欲も高い女性向けの、
アフィリエイトサイトで女性向け商品を
取り扱い成功していると思われる人のサイトを調べてみると

 

写真やイラストを豊富に使っていることが分かります。

ほかにも参考になるのが、色使い

 

女性に好まれそうな淡い色使いをしていながら、
ほとんどのサイトが、

「使う色は3色以内に押さえる」

というデザインの基本要素を押さえているとも言っておられます。

 

「アフィピク」では、
アフィリエイトサイトで使えるプロが書いたイラスト素材、
実際の商品のレビュー画像などが、
豊富に揃っています。

 

常峰さんは、
サイトアフィリエイターによる、
アフィリエイターのための素材集サイトとして、

「アフィピク」を立ち上げた
と明言しておられます。

 

<常峰さんのおススメの言葉>

無料で、クオリティが高く、利用規約を気にせず、サクサク選べる
「アフィピク」の素材を積極的に活用することで、
ユーザーの目にも止まり、しっかり読んでもらえるサイトになります。

すなわち、売れるアフィリエイトサイトになります。

ぜひ、あなたのアフィリエイト活動にお役立てください!

 

無料の素材集サイト「アフィピク」はこちらから
➡ http://sozai-media.com/l/c/K4hcSG7X/yYPRsWXQ

Pocket

知らなきゃマズい!コピーライティングとセールスライティングの違い

Pocket

セールスコピーについて、
今まで気付かなかった内容の記事を発見しました。
大いに参考になると思いますので、是非以下をご覧ください。
↓ ↓ ↓

意外と知られていないかもしれませんが、コピーライティングには2種類あります。それは、「コピーライティング」と「セールスライティング」です。
この2つには、決定的な違いがあります。

もしもこの違いを知らずに、販売促進の広告の文章やランディングページの文章を書こうとしたら、全く効果のないものになる可能性があります。

コピーで売上を上げる第一歩目として、2つの違いをしっかりと押さえておいてください。
2つのコピーの目的は、つぎのとおりです。

• コピーライティングは、ブランディングが目的
• セールスライティングは、レスポンスが目的
くわしくお話ししていきます。

目次
• コピーライティングとは
o コピーライティングは直接行動には訴えない
o コピーライティングは数値で計測できない
• セールスライティングとは
o セールスライティングは直接行動に訴える
o セールスライティングは数値で計測できる
• まとめ

コピーライティングとは
一般的にいうコピーライティングとは、「イメージコピー」のことです。「キャッチコピー」という方が馴染みがあるかもしれません。テレビCMでよく用いられる、イメージアップのためのコピーです。

キャッチコピーは、強い言葉や美しい言葉で、企業のブランディング向上を目指します。認知度が高まったり、イメージアップすることができれば成功したと言えます。キャッチー(=注意を引きやすい)であるためには、一瞬で注意を惹きつけるような、鋭い言葉であることが大切です。
有名なキャッチコピーといえば、次のようなものがあります。一度聞いたら忘れられない、記憶に残るフレーズがいっぱいありますよね。

• はやい、やすい、うまい/吉野家
• ココロも満タンに コスモ石油/コスモ石油
• お金で買えない価値がある/MasterCard
• そうだ 京都、行こう。/JR東海
• インテル、入ってる/インテル
• NO MUSIC NO LIFE/タワーレコード

コピーライティングは直接行動には訴えない
キャッチコピーは、記憶に残ったとしても、直接行動に訴えるものではありません。
例えば、「お金で買えない価値がある」のコピーを見たからといって、「よし、今すぐMaster Cardに入会しよう!」という気持ちにはならないですよね。

キャッチコピーはあくまで、いつかまたその商品(企業)と偶然出会った時に、「いい印象で思い出してもらえればいいな」という目的のためにつくられるものです。

コピーライティングは数値で計測できない
ブランディング向上を目指した結果、どれほど成功したのかを数値で測ることはできません。

たとえ「そうだ 京都、行こう。」のポスターをきっかけにJR東海を利用したとしても、どれほどの人が行動をとり、いくら売上が上がったのかはわかりません。ブランディング向上やイメージアップの対策が、どれほど売上に貢献しているのかを、数値として計測することはできません。

そのため、ブランディング向上を図るイメージ広告は、不況になると一番最初にコストカットの対象になりやすい側面があります。

セールスライティングとは
もう一方のセールスライティングとは、反応を得るための「レスポンスコピー」です。「セールスコピー」と呼ばれますが、広告でモノを売るための文章のことで、行動を起こさせるためのコピーです。

ダイレクトメール、FAX-DM、チラシ、メルマガ、ステップメール、Webサイトで使うランディングページなど、反応を得るための販売広告の文章に用いられます。

一瞬で惹きつけるキャッチコピーと比べると、セールスコピーで書かれた文章は、おそろしいほど長文です。その長さは必要に応じて、数千文字から数万文字にも及びます。そのため、出来上がった文章は「セールスレター」とも呼ばれます。

わかりやすい特徴としては
• 今すぐ資料をお申し込みください。
• 先着◯名様には限定特典がついて送料無料◯◯円です。今すぐお電話ください。

と、セールスマンが使う話し言葉のような文体で、今すぐ行動を促します。

元々は、セールスマンのセールストークを紙に書いたものがセールスライティングです。ですので、セールスコピーが書ければ、テレアポのトークスクリプトや、動画でセールスする際の台本を書くこともできます。

セールスライティングは直接行動に訴える

セールスコピーは、直接行動に訴えるものです。
例えば、セールスコピーのチラシを見た人が、「へ〜、こんな商品があるんだ、いつか利用するかもしれないから覚えておこうかな」と思っても、その場で行動してもらえなければ失敗と言えます。

行動に訴えるためには、文章の上手い下手よりも、購買心理やマーケティングの知識が重要になります。ですので、キャッチコピーのような美しい言葉を語る必要はありません。

セールスライティングは数値で計測できる

セールスライティングとコピーライティングとの決定的な違いは、オファーがあるかどうかです。

オファーとは、「私はこの◯◯を提供するので、あなたは◯◯をしてください」という取引条件のことです。マーケティング用語としては、一般的に『特典』のことを指します。

つまり、「私はこの商品を◯◯という特典をつけて販売しますので、あなたは申し込みをしてください」という取引条件のある文章が、セールスライティングです。

どれほど成功したのかは、数値で計測することができます。
例えば、10,000件のリストにダイレクトメールを送った場合、100件の申し込みがあったのなら成約率(コンバージョン率)1%のコピーということがわかります。1件で10,000円の売上があったとしたら、合計の売上は1,000,000円で、かかった費用が1,000,000円以上であれば、赤字ということが数値としてわかります。

目標とする利益を上げられたなら成功ですし、収支が赤字であれば、コピーを再考する必要があることがわかります。(実際には事前に小さくテストをします。)

まとめ

• コピーライティングとはキャッチコピーのことで、ブランディングのためのコピーです。売上には直接関係がなく、結果を数値で計測できません。
• セールスライティングとはセールスコピーのことで、レスポンスのためのコピーです。売上に直接関係していて、結果を数値で計測できます。

コピーで売れる文章を書くためには、ブランディングのためのキャッチコピーではなく、直接行動に訴えるためのセールスコピーの技術が必要不可欠なものになります。

もっとも手軽にセールスライティングを学ぶなら、まずは書籍からスタートしてみると良いと思います。⇒「初心者におすすめのセールスコピーライティングの必読本【厳選3冊+α】」
                                                                                                                                     • 2015.11.03 by 高木浩一

ご紹介の記事は、以上で終了です。
最後までお読み下さりありがとうございました。

Pocket

▲トップへ戻る