特別無料プレゼント

特別無料プレゼントは、こちらからお受取りください。

トップアフィリエイターの五十嵐友先生が主宰する無料塾のテキストです。

ブログやメルマガのフィリエイトについて、分かりやすく学習できる内容となっています。

アフィリエイト記事の作り方を4ステップで解説

Pocket
Facebook にシェア

 

はじめに

アフィリエイトは、大体次の4つの流れで構成されています。

  1. 商品選定
  2. ターゲット設定
  3. キーワード選定
  4. コンテンツ作成

以下、順序に従って説明していこうと思います。

 

アフィリエイトする商品をどのようにして選定するか

心底おすすめしたいと思う商品を選ぶ

当然のことですが、これなら心底他人におすすめできる優れた商品であると思える商品を選ぶこと。自分で購入して使ってみなければお勧めしたいという確信は得られないのだから、必ず自分が使った経験のある商品を選ぶこと。そのような確信のもとにおすすめすれば読者から信頼も得られるはずである。

実際に売れている商品を選ぶ

インフォートプなどのASPで売れ筋ランキングとか確認する方法が見つかりますのでぜひ売れている商品であるかを確かめる必要があります。売れていない商品をいくら紹介しても売れる確率は極めて低いからです。

アフィリエイト報酬金額が高い商品を選ぶ

まとまった金額の報酬を得るためには、一定以上の報酬金額が得られる商品を選ぶべきです。その目安は、自分の判断で決めましょう。

販売ページを見て質をチェックする

質とは、その販売ページがコピーライティングの条件を満たしているページになっているかどうかということです。すなわち、次の各点をチェックしましょう。

✔ 小中学生にも分かる文章になっているか

✔ 難しい専門用語が使われていないか。もし使われていれば、その解説がついているか

✔ 発言や主張に根拠が述べられているか

✔ 筋が通る文章になっているか

✔ 画像がついているか

✔ 情報弱者を騙すような懸念がないか

 

ターゲットはどのようにして設定するか

アフィリエイトでは、ターゲットは売る商品が決まってから設定する。

ターゲットとはその商品を購入する顧客のことを言います。漠然としたターゲット設定で物事を訴えかけようとしても、自分ごとだと感じてもらえず無視されてしまうことが多い。

広告主サイトのページをしっかり見てどんな人に向けての商品なのかしっかり分析して大枠のターゲット層をイメージしていきましょう。それからターゲットを具体的にしていきます(ペルソナ設定)。ペルソナは、商品・サービスの理想の顧客人物像です。

 

一方でペルソナを明確にすると、狙ったターゲットから食いつくように見てもらえるサイトへと変貌します。

このようにペルソナを明確に設定してターゲットを絞り込むことで、ある一定数の人に振り向いてもらえる記事に仕上げることが出来ます。

 

現実には、自分が想像しているペルソナの悩みと、実際の顧客の悩みはズレていることが多い。アフィリも通常の記事と同じく、いかにユーザー目線で物事を考えるかが一番大切。相手の立場や状況をキーワードに変えてターゲット設定してみよう1

 

ペルソナを明確に設定してからサイト作りをするようにすれば、そのペルソナに近い顧客から絶大な支持を受けられる売れるサイトに仕上がります。

 

キーワードはどのようにして選定するか

ユーザーの悩みを簡単に把握できるのがGoogleの「サジェスト機能」です。3語、4語とキーワードを広げ、ターゲットを細かく絞って狙いましょう。

 

キーワードプランナーで具体的なボリュームを把握し、最初は検索ボリュームが100~1000のスモールワードか、1000~10000のミドルのミドルワードを取りあげるようにしましょう。

 

 

コンテンツはどのようにして作成するか

SEO(検索エンジン最適化)に強い記事に仕上げることが必要不可欠です。SEOに強い記事とは、分かりやすく言うと検索窓にキーワードを入力したときに自分が作成した記事が上位に表示されるようにする施策のこと。SEOに強い記事を書き上げるために、留意すべきポイントは次のとおりになります。

タイトル・見出しにキーワードを入れる

記事のタイトルと見出しの両方にキーワードを含ませることは、SEOの基本中の基本です。しかも、できるだけ、タイトルや見出しの先頭部分に記載するようにしましょう。そのほうがキーワードを見つけやすくなるからです。

誰にでもわかりやすい文章を書く

小中学生でもわかる平易な文章にするというのが今の常識になっています。わかりやすい文章を仕上げるための留意点をいくつか説明します。

  • 指示語を使わない

指示語というのは、「あれ」「それ」「これ」といった言葉です。読者が流し読みしている場合も多く、指示語が具体的に何を指しているのかわからなくなり離脱されるリスクがあるからです。指示語は使わずに、別の言葉に置き換えるようにしましょう。

  • 専門用語はできるだけ使わないようにする

まず、専門用語を使わないで済むように工夫をして見ることが大切です。なぜなら、読者がその専門用語を知らない場合があるからです。どうしても使わざるを得ない場合は、解説や注釈を入れておくようにすることが大切です。

  • 結論から書いていく

結論を先に書くこと、読者の理解が深まり、回りくどいという印象から免れ好感を持たれることになるはずです。

  • 行間に留意する

行間を空けないでぎっしり詰まっている文章は、読みづらく読む気がなくなることにもなりかねません。所々で行間を空けるようにしましょう。

 

    ・記事構造を意識して書く

 ア、オープニング(冒頭)は、記事の一番最初の導入部分ということになります。

オープニングでは、読者の悩みに共感しながら、 記事内に解決策が提示されていることを伝えます。その事によって、読者にとって読みすすめる価値があるのかどうかがわかるようになります。

イ、メイン(本文)は、記事の中核部分ということになります。

ここでは、悩みに対する解決策や商品の詳細などを説明します。商品のメリットを説明するのはもちろんですが、デメリットがあればそれも包み隠さず説明します。

その方が、読者に信頼され、感謝されることになります。そして、そのデメリットを補う方法があればそれも提案するようにしましょう。

ウ、クロージング(まとめ)では、

記事の内容をまとめ、読者がどう行動すればいいのかを説明します。

 

以上のように記事の構造を意識して書くことによって筋の通ったわかりやすい記事に仕上げることが出来るのです。

 

 記事に次のような装飾をしっかり添えることを忘れないようにする

  • 文字装飾をする
  • 文字に下線を引く
  • 画像、写真、イラストを挿入する
  • リストや表で整理する

 

 

ユーザー目線で記事を書く

すべての記事はユーザーに役立つ、ユーザーに有益な記事でなければなりません。このことを常に意識して記事を書く必要があります。

 

 

 

 

Pocket
Facebook にシェア

英文を日本語に!!無料でスピード翻訳が可能です。

Pocket
Facebook にシェア

 

英文を日本語に!!無料でスピード翻訳が可能です。

 

時間管理術Trelloでサポートを受けるためにメールを送ったら、

返信が英文で届きました。

 

 

すぐに翻訳してもらう方法はないかとGoogleの検索窓に「翻訳」と

入力したところ、

 

以下の画面が表示されました。

上の画面は、左欄が英語、右欄が日本語になっているので、英語を日本語に翻訳する例になっています。反対に日本語を英語に翻訳したい場合は上の【英語▼】の▼を下にスクロールして「日本語」を選べばいいことになります。

ここで[google翻訳で開く]をクリックすると以下の画面が現れます。

上の画面の右端1番目をクリックすると翻訳文のコピーが、2番目をクリックすると翻訳文の修正ができることになっています。

すごく便利であることが分かります。もちろん、日本語を英文に変えることも簡単にできます。

あなたも是非活用してみてください。

 

 

Pocket
Facebook にシェア

安定して稼ぐための5段階ステップと、 その工程で必要なスキル

Pocket
Facebook にシェア

【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

こんにちは、

当メールマガジン発行責任者の渋谷です。

 

 

貴方は今、ビジネスのためにインターネット上で、

実際に何か文章を書いていますか??

 

 

・ブログ記事

・メルマガ記事

・ステップメール

・お客様とのやり取り

・セールスレター

・オプトインページ、ランディングページ(LP)

 

 

何でもいいのですが、

まだ何も文章を書いたことがない段階の人は、

 

実際にどのスタイルでも構わないので、

毎日インターネット上に最低1つ自分で書いた文章を公開する習慣

を身に付けていきましょう。

 

インターネットで稼げている人は

毎日何らかの形でお客様に文章をお届けしています。

 

 

すでに毎日文章を公開する習慣がついている人は

お客様の【反応率】について考えなければなりません。

 

 

反応率というのは、

最初の段階としては次のようなことを指しています。

 

・お客様からコメントが来る

・お客様からメッセージが来る

・お問い合わせが来る

・クリックされる

・購入される

 

 

真剣に取り組んだ文章だとしても

上に書いたような反応がなければ

 

ビジネスの上では全く意味のない文章と言わざるを得ません。

 

 

文章の効果というのは

これくらいシビアに考えてちょうどいいくらいです。

 

 

なぜかというと、

 

・売り上げを出したい

・クリックして欲しい

・誘導したい

・アピールしたい

・読んでもらいたい

 

と思うから書いているわけで、

それが現実は真逆の状態になっているのであれば

そこを克服していかないと

 

ビジネスとして立ち行かないからです。

 

 

そこで必要になってくるのがコピーライティングの

知識です。

 

【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

ビジネスが安定するためには、

 

  1. 集客
  2. サービス
  3. 販売
  4. フォロー
  5. リセールまたはリピーターへの誘導

 

が出来ていなければなりません。

 

 

コピーライティングは上の

1から5、つまり全てを行う上で

効果的な文章が必要です。

 

 

ビジネスの全ての5段階ステップにおいて、

お客様へ効果的にアプローチできるようになるために、

 

コピーライティングはしっかりと学んでおく必要があるのです。

 

⇒ 【売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

客数が同じでも、売上が10倍以上差がつくことがあります。

Pocket
Facebook にシェア

売れるコピーライティング】を学びたいのなら、こちらがおススメです。

 

ブログ、ステップメール、メルマガ

など、あらゆる媒体に使える【売る】ための文章作成術!!

 

年間で1億円以上稼いだカリスマの

技術と頭脳を注ぎ込んだ、実践して結果を出させるための

ライティング教材です。

 

一度詳細をご覧ください。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

 

こんにちは、

当メールマガジン発行責任者の渋谷です。

 

 

売れる文章を書けるようになるには

いくつかのコツがあります。

 

 

具体的に分かりやすく言うと、

売れない理由】には、

 

大きく分けて2つのパターンがあります。

 

それは、

 

・言葉の強調の仕方が弱い

・構成が悪い

 

この2点です。

 

売れる文章というのは【強烈】で

インパクトが残ります。

 

 

細かいところでは、キーワードとなる部分を目立たせるテクニックを

全体的には、要点のインパクトが残る構成的テクニックを

駆使しています。

 

 

売れる人の文章は、売れない人の文章よりも

売上が2倍、3倍

極端な場合は10倍くらい違うときもあります。

 

 

『ビジネスをする』といった以上は、

 

売上】を出せなければ全く意味がありません。

 

 

売上を出すには、

 

・集客の仕方

・集客した数

・商品作成または広告選定

・ブランディング

 

等も重要です。

 

 

しかし、これらをクリアしても

売れる文章が書けなければ

目的を果たすことができません。

 

 

インターネットにおいては文章だけが

お客様とコミュニケーションがとれる唯一無二の方法です。

 

 

その文章を磨かなければ

ビジネスで成功することはあり得ません。

 

 

売上を確実に出せる【売れるコピーライティング】を

しっかりと学んでくださいね。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア

ビジネスの効果的文章と一般的な良い文章との違いを明確に 認識すべき

Pocket
Facebook にシェア

 

昨日ご紹介したライティング教材、

詳細は読んでいただけましたか??

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

別に文章力に自信がないという方でなければ、

手にする必要はないと思いますが、

 

しっかりと売れる文章】が書けるようになりたい方は、

 

格安で、

この業界の中でおそらく内容的に一二を争う教材なので、

勉強してみる価値は大いにあると思っています。

http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

実は、私は地元の山形新聞で2度入選し掲載されたこともあり、

・文章を書く

 

ということには慣れ親しんでいたつもりでした。

 

 

ところが・・・

ネットビジネスに挑戦するようになって、

最も躓いたのが

まさかの文章作成でした。

 

 

自分でまじめに一生懸命に取り組んでも

クリック一つしてもらえないこともありました。

 

 

いつのまにか文章作成に自信がなくなり、

どうしたら『結果が出る文章が書けるようになるのか』

深く悩むようになりました。

 

 

そこで、教材を購入して文章作成について

改めて勉強した結果、

はっきりと納得することが出来ました。

 

 

それは、

・一般的に良い文章

・ビジネスで結果の出せる文章

この二つは全く違うということです。

Pocket
Facebook にシェア

ライティングのポイントは、多分貴方が思っているのとは違うところにあります

Pocket
Facebook にシェア

商品やサービスを宣伝したり広告したりする文章を書く

スキルのことを

コピーライティング

と言うわけですが、

 

 

だからこそ

コピーライティングが上手くなればなるほど

売上も高くなります。

 

 

問題なのは、

インターネットビジネスのコピーライティング

一般にイメージされるようなコツと

少しずれたところにポイントがあるということです。

 

 

そのため、

もし、あなたがインターネットで効果的な文章が書ける

ようになりたいなら、

一度本格的にコピーライティングを勉強してみると良いと

思います。

 

 

ちなみに、私のおススメは、

いろんなトップアフィリエイターさんも

昔から絶賛しているこの教材です。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

 

 

コピーライティングというスキルは、

決して難しいわけではありません。

 

 

奥は深いところがあるとは思いますが、

難解なスキルというわけではなく、

・どういうポイントを意識して考えていくのか

を知ることで飛躍的に文章が上達するようになります。

 

 

ぜひこの教材をご覧になってみてください。

⇒ http://copyrighting-supremeprinciple.net/01/top.html

 

Pocket
Facebook にシェア


人気ブログランキング

アフィリエイト入門

<center> <a href=” https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=agvrag “><img src=” http://yoshi-yaru.xsrv.jp/colorfullu/afiri” width=”200″ heigth=”” alt=”アフィリエイト入門画像名前” title=” アフィリエイト入門” /></a>

<br/>  <a href=” https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=agvrag “>タイトル</a><center><br/>

「アメーバブログ バナー」の画像検索結果

「フェイスブック」の画像検索結果

「twitter アイコン」の画像検索結果

▲トップへ戻る