特別無料プレゼント

特別無料プレゼントは、こちらからお受取りください。

トップアフィリエイターの五十嵐友先生が主宰する無料塾のテキストです。

ブログやメルマガのフィリエイトについて、分かりやすく学習できる内容となっています。

文章の構成を的確に決める方法。先頭から書こうと するのは間違いだ!

Pocket
Facebook にシェア

 

文章を書く時、先頭から書こうとする方が

比較的多いのではないかと思います。

 

 

それでしっかり書ければ問題ないのですが、

普通はなかなか上手くはいかないのではないでしょうか。

 

 

もし文章を書くコツが分からないのであれば、

結論を先に用意する

ということが大切です。

 

 

結局自分は【何がしたいのか】【お客様にどうさせたいのか

 

 

それを一番先に決める必要があるのです。

 

 

 

そして、結論が決まったらその前の段階で書く必要があると

思うことを【見出し】として書き出してください。

 

 

例えば、『今日はこのアフィリエイト案件で成約を出そう』

という目的を決めたなら

 

結論は

 

・アフィリエイトリンクへの誘導

 

ということになりますよね。

 

 

 

そうすると、アフィリエイトリンクへ誘導するためには

その1段階前のステップ(段階)が必要になってきます。

 

 

いきなり、

 

『こんにちは、渋谷です。

どうぞ、こちらをご覧ください。

⇒ アフィリエイトリンク

 

ではまた!』

 

という文章では、成約される可能性はほぼゼロではないかと

思います。

 

 

その案件を成約させるために必要なステップ(段階)を

考えてください。

 

 

たとえば、

アフィリエイトに関する教材を紹介するとします。

 

 

そしたら、アフィリエイトリンクへの誘導の前に

 

・何故その教材(商品)が必要なのか

・その教材(商品)の魅力や特徴は何か

・その教材(商品)がもたらしてくれる効果は何か

等を解説するのが良いでしょう。

 

 

 

それがある程度書き出せたら、

さらに、その前の段階で書いておくと良さそうな項目を

書き出します。

 

 

 

例えば、

 

・アフィリエイトで大変なところは何か

・その大変なところを解決してくれるのは何なのか

 

ということを書いてあるといいですよね。

 

 

更に、その前には

・そもそもアフィリエイトとは何か?

・アフィリエイトをするメリットは何か?

 

という導入があると、大抵の人にアプローチできますよね。

 

 

 

つまり、先に決めた結論から逆算して

 

それに誘導するには、どういったことを書けばいいのか

 

を考えていきます。

 

 

 

出来上がった見出しに対して、更に基礎知識の方向へと

掘り下げた内容を書き上げると、

どんどん逆算式で流れが出来ていきます。

 

 

 

その流れは、先ほどの例でいうと

 

 

・アフィリエイトとは?

・アフィリエイトのメリットとは?

・アフィリエイトで大変なところは何か

・その大変なところを解決してくれるのは何なのか

・何故その教材(商品)が必要なのか

・その教材(商品)の魅力や特徴は何か

・その教材(商品)がもたらしてくれる効果は何か

 

・アフィリエイトリンク

 

 

どうですか?

 

大変きれいな構成が出来上がりました。

 

 

以上の見出しを使って書いてもいいし、

見出しなしで一続きの文章で書いてもいいです。

 

 

要するに、最も重きを置くポイントから作っていくのが、

軸がぶれない的確な文章を書き進めるコツだと

いうことです。

 

 

最初は上手くいかないと思いますが、

このコツを意識して書き続けましょう。

 

きっと、見違えるほど【伝わる文章】が書けるようになります。

Pocket
Facebook にシェア

上手な文章の書き方

Pocket
Facebook にシェア

 

インターネットビジネスを実践している初心者は、

『文章を書くのが苦手だ』と悩んでいる場合が非常に多い。

 

 

 

インターネットビジネスにおいて、

上手な文章というのは

 

伝わる文章

のことです。

 

読者さんに対して、自分が伝えたいと思っていることが、

十分に伝わるということが最も大切なことです。

 

 

ブログやサイトでもメルマガでも、FacebookでもTwitterでも

自分が伝えたいと意図していることをお客様に伝えることが出来て

初めて【最小限の文章が書けた】ということになるのです。

 

 

この最初の課題を克服するだけで、

相当に

 

成約数や媒体効果が変わってきます。

 

 

 

この【伝えたいことを伝える】ためにはどうすれば良いのか?

 

 

そのためには、まず

結論を明確に書き出すこと

 

です。

 

よく見られる【何が言いたいのか分からない】文章にならないように

という視点で文章をまとめる努力が欠かせません。

 

 

ダメな文章は、的が複数あるケースや、

話が脱線しているケースが多いです。

 

更に言うと、的が1つに絞れていても説明が十分でないので

的の内容がよく理解できないという場合が多いです。

 

 

1つの記事や配信の中で、

お客様に伝えることは、最大でも最小でも1つである

ということを肝に銘じ

相手の立場に立って丁寧に分かりやすく書くことが重要です。

 

 

上手な文章の書き方を身につけるには

以上に述べたことなどを意識しながら

書く経験を積み重ねる以外に方法はありません。

 

 

同時に、書きながら絶えず自分で見直すことが大切です。

更には、他人に見てもらい、良いかどうかを評価してもらうことも大切です。

 

良いかどうかの最終的判断は自分でするべきことではありません。

自分の判断は客観的事実ではなく、主観的事実にすぎません。

 

客観的事実は読者の判断そのものだからです。

 

読者さんに対して、自分が伝えたいと思っていることが、

十分に伝わるということを、

常に心掛けて文章作成の経験を積み上げていきましょう。

Pocket
Facebook にシェア

渋柿を渋抜き柿や吊るし柿にして秋を満喫

Pocket
Facebook にシェア

今年も好物の柿の季節がやってきた。上の画像は、地元山形新聞に令和2年11月7日掲載された写真である。

 

私は今は、妻がスーパーで買ってきてくれる渋を抜いた柿を楽しんでいるが、
それと同じくらい干し柿も好きだ。

毎年よそ様からもらった生の柿を自分で皮をむいて干し柿をつくってきたが、今年はどこからももらえる当てがない。おかげで皮むきの苦労から逃れられるとほくそえんでいたのだが…

 

ところが思わぬことが2つ起きたのだ。

思わぬことの最初は、妻がきれいに皮をむいた、干すだけでいい、大きな柿を買ってきたことである。10個連なっているのが6本だった。1個1個が大きい玉だったので6本1度に持つと相当の重さだった。下の写真は、玄関ドアの取っ手に一時的に吊るした光景である。

こんな風に作って店にでいるとは今まで知らなかった。
多分今年が初めてなのかもしれない。             

 

次の思わぬこととは、妻の知り合いが

持ってきてくれたことである。

 

その妻の知り合いがもらったものをお裾分けに持ってきてくれたのだそうだ。

 

妻は、せっかく持ってきてくれたものを断るわけにはいかなかったと釈明した。

 

「釈明」と私が言うのは、柿の皮むきを私に頼るほかないからである。というのは、妻は長い間生け花や琴で指を酷使してきたためか腱鞘炎になっているからである。

 

私は、玉の大きい柿を選んで40個をむき終えた。これで先に吊るした柿とあわせると今年はちょうど100個の干し柿が出来上がることになった。干し柿が甘くなるのは吊るし柿として天日干しされることによって渋みが抜けるからである。

 

残りの約30個は、買ってきた渋抜き専用の焼酎で渋抜きをして食べることにした。

方法は、1個1個の柿のへたを渋抜き専用の焼酎に浸し、ビニールの袋に密閉しておくことである。1週間ほど経てば甘くなっているはずである。

おかげで、今年は好物の柿を存分に楽しめそうである。

Pocket
Facebook にシェア

トンビマイタケ

Pocket

Facebook にシェア



2020年9月21日、彼岸の先祖詣りに実家に向かった。

 

実家は限界集落と言わざるを得ないような鄙びた町のはずれにある。歯が抜けたように空き家が目立つ。そんなところなので山の幸に恵まれていて、旬の季節になると近くの山に入れば山菜やキノコが採れやすいところである。

 

例年道の駅などの店でマイタケやススタケなどを買ってキノコご飯を作って妻の実家の仏前に供える習わしになっているので、今年も実家へ行く途中の道の駅に立ち寄った。

 

ところが今年の夏が猛暑続きだったせいかキノコと名の付くものは一つも見つからなかった。「今年は無理か」と半ばあきらめた形になった。

 

 

実家の義姉に話すとキノコは例年より遅くまだとれたという話は聞いていないということだった。義姉と四方山話を終えて…

 

帰りにくだんのみちの駅近くのバラック建てのようなみすぼらしい店の中を覗いてみるとトンビマイタケが所狭しと並べられていた。

 

早速買い求めると、ほっと一息付けた心境になった。翌日例年通り仏前に供えることができた。

 

 

Pocket

Facebook にシェア


めまい、転々と医者遍歴の末ようやく快方に向かう

Pocket
Facebook にシェア

この記事は、めまいの症状が落ち着くまでの約9か月間にわたる医者遍歴の様を記録しながら私の気持ちの動きや感想を述べたものである。

いつものようにパソコンをいじっていた時、何の前触れもなく椅子から急に転がり落ちた。令和元年11月初旬のことである。

 

ひどいめまいに襲われ立つことができず、這いながらやっとの思いで居間にたどり着いた。

しかし、ぐらぐらしてソファーに座ることもできずすぐに這いながら寝室に向かい夢中でベッドに上がった。

 

それから2日間、苦労してトイレに行くほかはベッドから1歩も出られずに、飲まず食わずの状態が続いた。

ちょうど2昼夜が過ぎたころ頭のぐらつきが和らぎ食欲も出てきたので、軽い昼食をとってから最寄りのかかりつけのA内科医院に行って診てもらった。

A医院

MRIを撮ってから診察が行われた。MRIの結果は異状がないと映像を見ながらの説明を受けた。耳鼻咽喉科の診察を受けることを勧められた。その時、めまいは治りにくい場合が多いと言われた。

 

B医院

早速B耳鼻咽喉科医院を受診。聴力などの検査を受けた後、頭をいろんな方向にゆすったりして診察が行われた。処方された薬を飲み続けても代わり映えしなかったが、気長に薬を飲み続けましょうと言われた。

 

明けて1月中旬、いつまでたってもよくならないのにしびれを切らしネット検索をした結果、めまいの原因に脳神経的なものもあることを知ったのでC脳神経外科クリニックを受診した。

C医院

ここでもMRIの画像を見せながら特に異常は見られないといわれた。「念のため、普通に使われる薬でまだ飲んでいないものがある。試しに飲んでみますか」と言われ藁にも縋る思いがあったので「お願いします」と答えた。それを飲んでも、何の変化も感じられなかった。

D医院

耳鼻咽喉科医院を変えてみようと思い立ちD耳鼻咽喉科医院を受診した。それまでの経過を述べ診断を仰いだ。処方薬は漢方薬だった。

 

漢方薬という真新しさに期待もあったが、特に変化は見られなかった。40日分の処方だったが、20日ほど経ったころ、ふとしたことでめまいを前面に出している整形外科クリニックがあることを知ることとなった。早速そこを受診してみることとした。

E医院

そのE脳神経外科クリニックに行ってみると、漢方薬を処方したD耳鼻咽喉科医院での検査結果を参考にする必要があるからと照会状を渡された。すぐにD医院に行って回答書をもらってE脳神経外科クリニックに提出した。改めて診察を受け、今飲んでいる漢方薬と並行して飲む薬を2週間分処方された。飲み続けたところ症状の改善が見られたので、その旨報告したが、あらかじめ説明を受けていた所定の方針通り今度は今までよりも強い薬を処方された。

 

同じく2週間分の処方だったが、飲み続けるうちに良くなるどころか症状が重くなっていき耐えられないほどになった。そこで、薬はまだ1週間分くらい残っていたが電話を入れ、急遽診察を受けることになった。

 

苦しい症状を訴え、そのため「意欲が沸かず散歩を途中でやめることが多い」と言うと、「それじゃ鬱病だね、紹介状を書くからそちらで治療したら」と、医師らしくない感情的ともとれる発言が飛んできた。ムッときた私は「結構です、断ります」と答え、いわば喧嘩別れのような形で終わることとなった。医師とこんなやり取りで終わるとは夢にも思わないことだったが、こういう神経質な医師も珍しいと思った。

 

数日後、同医師のことをネットで調べてみると、いくつも表彰を受けていて、一般的に腕はいいという評価を受けているようであった。

 

漢方薬もなくなる頃だったので、すぐにD耳鼻咽喉科医院に向かった。紹介状を持参し検査結果を回答して頂いた経緯もあるので、Eクリニックでの出来事をかいつまんで報告した。

 

D耳鼻咽喉科医院の医師は、今までの漢方薬に加え良く効く薬だからと血流を促進する薬を処方された。

 

現在は、D耳鼻咽喉科医院で処方された薬を飲み続けているが、症状はやわらぎ落ち着いている。まだ薬は手放せない状態だが、めまい発症以来約9か月間にわたり5つの医療機関を巡り歩くという実に長い闘病生活だった。

 

医療保険にかかわる仕事もした経験があるので、医者を渡り歩くことは原則として慎むべきことだとは思うが、今回の自分の行動は許されるのではないかと思っている。

 

なお、ネットで調べてみた結果、山形県・めまいの専門治療が可能な病院 – 病院・医院・薬局情報の中にEクリニックが入っていたこと、さらには鬱病がめまいの原因となるともあると知って複雑な心境である。

 

 

めまいは自分で治せる 8000人の患者を治した「奇跡のメソッド」 (ビタミン文庫) [ 新井基洋 ]

Pocket
Facebook にシェア

スマホとオムロンの体重・体組成計を使って中高年の健康管理

Pocket
Facebook にシェア

若いころから健康には比較的深い関心を持ってきたつもりの私ですが、現在はスマホを使って歩数と距離と消費カロリーを自動記録されたものをパソコンに入力し「他の項目」も加え一元管理し健康管理の一助にしている。

 

パソコンに入力している「他の項目」というのは体重、BMI、内臓脂肪、体脂肪、便通、起床時刻、その他「備考」欄に一言日記のように記録している内容のことである。

 

これによって健康の基本的なことを数値化して見ることができるので健康的な生活を築くために極めて有効だと思っている。

 

 

散歩は私が早くから習慣にしてきたものですが、ポケットに入れて歩くだけで歩数が自動的に記録される「万歩計」というものが市場に出回るようになったときは早速購入して調法がったものである。

 

今はスマホを携行しながら散歩することによって歩数と距離と消費カロリーが自動的に記録されるので超便利になっている。

 

 

体重計のほうは銭湯などにも置かれていて、銭湯に行くたびに体重を測って「太った」とか「少しやせた」とか一喜一憂したものだが、今では高度化して体重・体組成計と称して体重ばかりでなく「内臓脂肪」、「体脂肪」、BMIなども計れるようになって、非常に便利である。

 

 

私は、朝湯を習慣にしていますが、風呂から上がると真っ先に体重・体組成計に乗って測定し結果をメモしパソコンに入力している。前夜の食事の内容や量によって結果に影響を与えていることがほの見えして参考になる。散歩はスマホを携行しながら夕方に行っています。

 

今私がやっている方法よりもっと有効なGoogleFitなどスマホアプリを使った方法ががあるようなので、今後考えてみなければと思っている。

 

 

以上のように、私の健康法の1つはスマホと体重・体組成計を使ったものです。いかがでしょうか?少しでもあなたの健康管理に参考になれば幸いです。

 

もしあなたが、体重・体組成計をお持ちでなければどうぞ!

    ↓ ↓ ↓

Pocket
Facebook にシェア


人気ブログランキング

アフィリエイト入門

<center> <a href=” https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=agvrag “><img src=” http://yoshi-yaru.xsrv.jp/colorfullu/afiri” width=”200″ heigth=”” alt=”アフィリエイト入門画像名前” title=” アフィリエイト入門” /></a>

<br/>  <a href=” https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=agvrag “>タイトル</a><center><br/>

「アメーバブログ バナー」の画像検索結果

「フェイスブック」の画像検索結果

「twitter アイコン」の画像検索結果

▲トップへ戻る