アフィリエイトブログ記事の書き方4つのポイント(商品選定キーワード等)

Pocket
Facebook にシェア

アフィリエイト記事の書き方4つのポイント(商品選定、キーワード等)

アフィリエイトは、大体次の4つの流れで構成されています。

  1. 商品選定
  2. ターゲット設定
  3. キーワード選定
  4. コンテンツ作成

以下、順序に従って説明していこうと思います。

第1アフィリエイトする商品をどのようにして選定するか

心底おすすめしたいと思う商品を選ぶ

当然のことですが、これなら心底他人におすすめできる優れた商品であると思える商品を選ぶこと。自分で購入して使ってみなければお勧めしたいという確信は得られないのだから、必ず自分が使った経験のある商品を選ぶこと。そのような確信のもとにおすすめすれば読者から信頼も得られるはずである。

実際に売れている商品を選ぶ

インフォートプなどのASP(注)で売れ筋ランキングとか確認する方法が見つかりますのでぜひ売れている商品であるかを確かめる必要があります。売れていない商品をいくら紹介しても売れる確率は極めて低いからです。

(注)ASPとは、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)と商品販売者との間をとりもちアフィリエイトをさせてくれる会社のことをいいます。

アフィリエイト報酬金額が高い商品を選ぶ

まとまった金額の報酬を得るためには、一定以上の報酬金額が得られる商品を選ぶべきです。その目安は、自分の判断で決めましょう。

販売ページを見て質をチェックする

質とは、一言で言うならば、その販売ページがコピーライティングの条件を満たしているページになっているかどうかということです。すなわち、次の各点をチェックしましょう。

✔ 小中学生にも分かる文章になっているか

✔ 難しい専門用語が使われていないか。もし使われていれば、その解説がついているか

✔ 発言や主張に根拠が述べられているか

✔ 筋が通る文章になっているか

✔ 画像がついているか

✔ 情報弱者を騙すような懸念がないか

第2ターゲットはどのようにして設定するか

アフィリエイトでは、ターゲットは売る商品が決まってから設定する。

ターゲットとはその商品を購入する顧客のことを言います。漠然としたターゲット設定で物事を訴えかけようとしても、自分ごとだと感じてもらえず無視されてしまうことが多い。

広告主サイトのページをしっかり見てどんな人に向けての商品なのかしっかり分析して大枠のターゲット層をイメージしていきましょう。それからターゲットを具体的にしていきます(ペルソナ設定)。ペルソナは、商品・サービスの理想の顧客人物像です。

一方でペルソナを明確にすると、狙ったターゲットから食いつくように見てもらえるサイトへと変貌します。

このようにペルソナを明確に設定してターゲットを絞り込むことで、ある一定数の人に振り向いてもらえる記事に仕上げることが出来ます。

自分が想像しているペルソナの悩みと、実際の顧客の悩みはズレていることが多いです。アフィリも通常の記事と同じく、いかにユーザー目線で物事を考えるかが一番大切だと思います。相手の立場や状況をキーワードに変えてターゲット設定してみよう1

ペルソナを明確に設定してからサイト作りをするようにすれば、そのペルソナに近い顧客から絶大な支持を受けられる売れるサイトに仕上がります。

第3キーワードはどのようにして選定するか

ユーザーの悩みを簡単に把握できるのがGoogleの「サジェスト機能」です。3語、4語とキーワードを広げ、ターゲットを細かく絞って狙いましょう。

キーワードプランナーで具体的なボリュームを把握し、最初は検索ボリュームが100~1000のスモールワードか、1000~10000のミドルのミドルワードを取りあげるようにしましょう。

第4コンテンツはどのようにして作成するか

SEO(検索エンジン最適化)に強い記事に仕上げることが必要不可欠です。SEOに強い記事とは、分かりやすく言うと検索窓にキーワードを入力したときに自分が作成した記事が上位に表示されるようにする施策のこと。SEOに強い記事を書き上げるために、留意すべきポイントは次のとおりになります。

タイトル・見出しにキーワードを入れる

記事のタイトルと見出しの両方にキーワードを含ませることは、SEOの基本中の基本です。しかも、できるだけ、タイトルや見出しの先頭部分に記載するようにしましょう。そのほうがキーワードを見つけやすくなるからです。

誰にでもわかりやすい文章を書く

小中学生でもわかる平易な文章にするというのが今の常識になっています。わかりやすい文章を仕上げるための留意点をいくつか説明します。

  • 指示語を使わない

指示語というのは、「あれ」「それ」「これ」といった言葉です。読者が流し読みしている場合も多く、指示語が具体的に何を指しているのかわからなくなり離脱されるリスクがあるからです。指示語は使わずに、別の言葉に置き換えるようにしましょう。

  • 専門用語はできるだけ使わないようにする

まず、専門用語を使わないで済むように工夫をして見ることが大切です。なぜなら、読者がその専門用語を知らない場合があるからです。どうしても使わざるを得ない場合は、解説や注釈を入れておくようにすることもおすすめかと思います。

  • 結論から書いていく

結論を先に書くと、読者の理解が深まり、回りくどいという印象から免れ好感を持たれることになるはずです。

  • 行間に留意する

行間を空けないでぎっしり詰まっている文章は、読みづらく読む気がなくなることにもなりかねないので、所々で行間を空けるようにしましょう。

記事構造を意識して書く

ア、オープニング(冒頭)は、記事の一番最初の導入部分ということになります。オープニングでは、読者の悩みに共感しながら、記事内に解決策が提示されていることを伝えます。その事によって、読者にとって読みすすめる価値があるのかどうかがわかるようになります。

イ、メイン(本文)は、記事の中核部分ということになります。ここでは、悩みに対する解決策や商品の詳細などを説明します。商品のメリットを説明するのはもちろんですが、デメリットがあればそれも包み隠さず説明します。

その方が、読者に信頼され、感謝されることになります。そして、そのデメリットを補う方法があればそれも提案するようにしましょう。

ウ、クロージング(まとめ)では、記事の内容をまとめ、読者がどう行動すればいいのかを説明します。

以上のように記事の構造を意識して書くことによって筋の通ったわかりやすい記事に仕上げることが出来るのです。

 記事に次のような装飾をしっかり添えることを忘れないようにする

  • 文字の強調する
  • 文字に下線を引く
  • 画像、写真、イラストを挿入する
  • リストや表で整理する

ユーザー目線で記事を書く

すべての記事はユーザーに役立つ、ユーザーに有益な記事でなければなりません。このことを常に意識して記事を書く必要があります。

ログ・メルマガ連動の王道のアフィリエイト方法について、無料で基礎から学びたい方は無料登録してください。

Pocket
Facebook にシェア

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲トップへ戻る